高砂屋BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS (東京駅大手町駅)結婚式の礼装ドレスコード(オーダースーツ)

<<   作成日時 : 2018/08/18 17:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像




礼装には略礼装、準礼装、正礼装があります。
会場はどこか、親族か参列者か等、式の内容によって決めます。



(花婿花嫁のお父上様)

正礼装又は略礼装。

バランスが大切で、仮にお母上様が黒留袖(和装の正礼装)ならば、お父上様の洋装はモーニング(洋装の正礼装)が合います。
夜間ならば本来は燕尾服(テイルコート)ですが夕刻以降の式でもモーニングを指定する式場があるようです。

画像
モーニング


モーニングとは最も格式高い昼の正礼装、メインはモーニングコート+ウイングカラーシャツ+オッドベスト(グレー又は白)+コールズボン。これにチーフ他アクセサリーを合わせます。
結婚式では主に花婿花嫁の御両親、仲人が着用。他では喪主、勲章授与式の受章者、公式な式典の参加者が着用します。

略礼装はオッドベスト(グレー又は白のベスト)で三つ揃にすると慶事に相応しい装いになります。
画像
オッドベスト





(花婿)

式のスタイルにより様々。
式場の格式や花嫁とバランスの合うものにします。
フロックコート、アレンジタキシード、モーニング、三つ揃等。
フロックコートはジャケット丈が長い、アレンジタキシードは多様な色や素材があります。




(親族)

略礼装又は準礼装。

黒の略礼三つ揃の場合、ベストに白衿を付けます。(白衿とは慶事用の付属で着脱可能、弔事の際は外します)
またオッドベスト(グレー又は白のベスト)にするとさらに本格的。

準礼装とは正礼装に次ぐ格式高い礼装です。ディレクター・スーツが主ですが、夕刻以降に挙げる式でタキシードを着用する機会が増えました。
ディレクターズ・スーツは、ブラック・ジャケット+グレーか白のオッドベスト+コールズボン。
ブラックタキシードは夜間の準礼装でジャケット+カマーバンド又はベスト+スラックス。
それぞれカフリンク他アクセサリーを合わせます。

近い親族の場合正礼装(モーニング)を着用することがあります。
正礼装とは最も格式が高い礼装です。




(参列者)

略礼装又は準礼装。

略礼装とはブラックスーツで、シングルとダブルがあります。
シングルの場合、ウイングカラー・シャツ、ベストを合わせる事でより正統的かつ格式が上がります。

また色柄は黒に限らず、ネイビーやシャドーストライプ、織り柄を使う事があります。
式の内容で選びます。

準礼装とはディレクターズ・スーツ、タキシードの事で正礼装に次ぐ格式高い礼装です。
(ディレクターズ・スーツで参列すると先方に大変喜ばれるというお話を聞くことがあります。格式高い会場の際いかがでしょうか)



(まとめ)

御両親が正礼装の場合、親族並びに参列者は準礼装又は略礼装、花婿は花嫁と対のスタイル。

御両親が略礼装の場合、親族は略礼装、参列者は略礼装又は適した装い、花婿は花嫁と対のスタイル。


上記が多いようです。
他はケースバイケースで。
ドレスコードが決まっていて男性は全て正礼装という場合もあります。




御注文のご参考に。
http://takasago-ya.at.webry.info/200808/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(東京駅大手町駅)結婚式の礼装ドレスコード(オーダースーツ) 高砂屋BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる